妊活中に派遣社員に転職はアリ?派遣を選ぶメリット・デメリット

「妊活中だけど派遣社員に転職したい」
「派遣社員をしながら妊活って可能?」
「派遣社員のメリットとデメリットは?」

妊活中の転職は悩みが多いですよね、私も妊活中に正社員から派遣社員になったのでよく分かります。

今回は妊活中の転職で私がなぜ派遣社員を選んだのか。
実際に私が感じた派遣社員のメリットとデメリットをご紹介します。

この記事がおすすめな人

・妊活中の転職で派遣社員を考えている人
・派遣社員の福利厚生について知りたい人
・派遣社員のメリットとデメリットが知りたい人

この記事を書いた人
  • ブログ運営3か月目
  • 完全在宅派遣社員
  • 派遣の仕事のスキマ時間でブログを書いています
  • 不妊治療や妊娠・出産、派遣社員、趣味や暮らしについて発信中
目次

妊活中の転職について考えだす

働く女性のライフプランでもかなり大きな影響力のある妊娠・出産。
そろそろ子供が欲しい、妊活をしていてもなかなか授からない。など仕事との両立にそれぞれ不安があると思います。

子供を望んでいる女性

転職を考える理由

私も正社員で働いていた時から妊活を始めていましたが、上司との関係悪化や通院が難しいなど思うように妊活が進められませんでした。
他にもこういった不安はないでしょうか?

職場環境の不安要素

・子供が欲しいが今の会社では妊娠中のサポート実績がなく不安
・不妊治療を始めたいが忙しくて時間が取れない
・急に休める仕事内容ではないので通院ができない
・職場環境が悪くストレスが多い
・妊活中の精神的または身体的負担と仕事の両立が難しい
・子供ができても今の職場での子育てとの両立が難しい

もちろん職場環境がよく、妊活もスムーズにいけばこういった不安は少ないと思いますが、
なかなか上手くいかないと、一刻も早く病院で検査をして治療が必要なら進めたい!と思うようになりますよね。

けど今の職場だと難しい。。となると転職を考えるようになると思います。そこで実際に私が妊活中に転職する上で気になったポイントを次に並べました。

転職に対する不安要素

・転職後すぐに妊娠した場合どうしよう
・妊活中であると伝えたら採用されないんじゃないか
・妊活と両立できる仕事はあるのか
・新しい環境が不安

今妊活中で転職を考えている方も同じような悩みを抱えていると思います。

ですが派遣社員を選ぶことでこの不安がなくなりました!次に詳しいメリットを紹介します。

派遣社員を選ぶメリット

仕事をしている女性

先ほどのように不安がいくつもある中、実際に派遣社員を選んだ私ですが、ここで派遣社員のメリットを紹介します。

派遣社員でも産休・育休がとれる

恐らく一番の不安は育休・産休についてではないでしょうか。

安心してください、派遣社員でも育休・産休が取れます!

産休について

産休は産前6週間、産後8週間の休業が「労働基準法」によって定められており、雇用契約に関係なく取得が認められています。
会社側も妊娠や出産、産休や育休の取得などを理由に解雇するなどは禁止されているため妊娠や出産を理由に退職させられる心配はほとんどないでしょう。

派遣社員が産休を取得する唯一の条件は、休業開始日まで就業している(=雇用契約がある)ことです。

育休について

育休は子どもが1歳になるまでの期間(最長で2歳まで)、取得できる休業のことです。

派遣社員が育休を取得する際の条件は、主に下記となります。
・子どもが1歳6カ月の誕生日を過ぎた後も雇用が見込まれること(=満了することが明らかでない)
・育児休業期間終了後も就業(復帰)意思がある
・1週間の所定労働日数が3日以上ある
・日雇いではないこと

2022年4月以前はここに1年の継続勤務が条件として入っていましたが、現在は条件撤廃となったため、1年以上継続勤務をしていなくても育休の取得が可能です!

1年以上の継続勤務の条件が撤廃されていることにより、転職後にすぐ妊娠しても、雇用が見込まれておることや復職意思があれば、問題なくどちらも取得できるでしょう。

仕事の責任やストレスが少ない

派遣社員は契約書を交わす際に仕事内容や範囲が明確に決まっているため、責任も重くなく、正社員に比べて業務量が軽くストレスが少ないです。

もし、契約外の業務を振られたりしても、契約違反となるため断れます。もし契約外の業務をさせられることがあれば派遣会社に相談しましょう。派遣会社が派遣先に確認や注意をしてくれるため、安心して勤務できます。

あっていないと思ったら短い期間で辞められる

派遣の契約期間は主に3か月です。基本的に長期の場合、双方問題がなければ都度更新していく流れですが、自分にあっていないと思ったら契約更新せずに就業を終えることもできます。

派遣先にもよりますが、派遣社員を雇用している会社は多くの場合短期の契約になることも前提で契約しているのですぐに代わりの派遣社員が見つかりやすく、正社員に比べて辞めるストレスも少なく済みます。

妊活中と伝えた上で仕事探しができる

派遣は登録後に自分で求人を探して応募するほか、営業担当者が希望に合っている求人を紹介してくれることもあるので、事前に妊活中であることを相談しておくと、妊娠出産に理解がある会社や、同じ派遣先ですでに産休・育休を取っている先輩派遣社員がいるところなどを紹介してくれたりします。

私も求人探しの際に担当者に妊活中であると伝えたところ、女性が多いチームで何人も育休・産休も実績がある職場を紹介してくれました。

派遣会社の担当さんに色々相談できる

先ほど担当者に妊活中であると相談して求職できるとお伝えしましたが、担当者とは何度かやり取りがあるため、勤務中でも安心してなんでも相談ができます。

・更新希望の確認
・遅刻、早退、有給取得の相談
・業務内容や契約内容の確認
・職場でのトラブルや言いにくいことなど

自分に担当者がつくため、相談しやすく、あまり角が立たないように派遣先にも配慮してくれるためストレスがないです。

求人の種類が多い

妊活中の仕事探しでは下記のような様々な希望条件があると思います。

・できるだけ短時間勤務がいい
・テレワーク可能な職場がいい
・やりたい仕事内容が決まっている
・みんなと一斉に仕事を始めたい
・女性が多い職場がいい など

派遣の求人は数が多いです!埋まり次第すぐに消えてしまうことが多いですが、逆に毎日たくさんの求人が更新されます。
その中には短期の派遣で一斉募集をしている求人や、社員登用を前提に考えている求人もあるため、おそらく希望に沿う求人がいくつかあるはずです。

社内行事に出なくていい

あまり乗り気でない会社の飲み会や忘年会なども社員でない為断りやすいです。
もちろん参加しないことで不利益になることは出来ないので、楽しそうな行事以外は私は不参加にしています。

派遣社員のデメリット

悩んでいる女性

では次に私が感じたデメリットを紹介します

ボーナスがない

正社員で働いていたためここは大きなデメリットに感じました。
しかし社員登用してくれる可能性もあるため、その職場が気に入っている場合相談するのもアリかもしれません。

実際に現在の職場にいるメンバーももともと派遣で勤めていて、その後正社員になった方がいました。

いつまで雇用されるか不明確

育休中の社員が戻ってくるまでの代替要員で雇用される場合などは、その社員の復職が決まり次第契約更新がされないなどがあります。育休が延長されるか会社も早くには分からないためいつまで現在の職場で働けるのか不明確など、安定しているとは言いづらいです。

ですがこれも場合によっては同じ会社の別の部署に異動させてくれる、似たような会社を探してもらえるなど、環境は変わりますが、すぐに職を失う心配はありません。

給料が上がりづらい

仕事内容にもよりますが、時給は確実に上げてもらえるわけではありません。基本的には契約時から変わらない場所が多いでしょう。
もちろん交渉や仕事ぶりで上がることもあると思いますが、社員のように大幅UPは難しいと思います。

私自身は更新時に時給UPの相談を担当者にしたところ、派遣先のご厚意で時給が上がっておりました!こればかりは環境によると思いますが、一切上がらないというわけではないです。

住民税を自分で払う必要がある

正社員の時は給与から自動で引かれていた住民税ですが、派遣社員の場合自分で納める普通徴収を行う必要があります

派遣会社によっては特別徴収をしているところもあると思いますが、私の派遣元であるテンプスタッフは普通徴収でしたので、自分で支払いをしています。

まとめ

今回は「妊活中の派遣社員への転職」についてメリットとデメリットを紹介しました。
子供は授かりもの、具体的にいつ妊娠できるかがわからないので転職時期や転職先選びは慎重になりますよね。

最後に、最初に挙げた妊活中の転職での不安要素と、派遣社員のメリットを改めて振り返りましょう。

派遣のメリットまとめ

・転職後すぐに妊娠した場合どうしよう
 →派遣社員でも育休・産休が取れる!(1年以上の継続勤務も不要)

・妊活中であると伝えたら採用されないんじゃないか
 →事前に伝えることで理解・実績の多い会社を紹介してもらえる

・妊活と両立できる仕事はあるのか
 →求人が多いため希望に合う職場が見つかりやすい、希望を伝えることで未公開の求人を先に紹介してもらえることもある

・新しい環境が不安
 →職場でもトラブルや些細な相談も担当者に気軽にできる為、自分に合った職場で働けます

私は現在不妊治療中ですがストレスなく勤務できており、休みも気兼ねなく取れる為、派遣社員を選んで結果的に正解だったと思っています。

私は派遣会社大手の「テンプスタッフ」を利用しています。
「テンプスタッフ」の求人探しの方法や、面談までの流れなどをこちらで紹介しているので、派遣社員への転職を検討している方がいればぜひ参考にしてください。

にほんブログ村 ブログブログへ
人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次